【比較写真あり】かなやブラシ 豚毛 購入レビュー!手植えの魅力満載な老舗ブラシ専門店!

靴磨きブラシ
この記事は約16分で読めます。

靴磨きにハマってくるとこだわりたいのが『ブラシ』

中でも使用頻度が多い豚毛はこだわっていきたいですよね。

なので僕が使っている『かなやブラシ』をご紹介します!

老舗ブラシ専門店なので選んで間違いなしです。

僕自身、買って満足度大です。

2023年上期ベストバイです。笑

この記事で分かること

・かなやブラシについて
・手植えと機械植えの違い
・細かなディテール

それでは内容に参りましょ~!

スポンサーリンク

01|かなやブラシとは

まずはブラシ専門店の老舗であるかなやブラシについて!

他ブランドも調べていきついたので、ぜひ知ってもらいたいです!

▪かなや刷毛 概要

今回は靴磨きで使用する『豚毛ブラシ』について。

靴磨きブラシ以外も豊富にお取り扱いがあるんです。

かなやブラシ 取り扱い一覧

・歯ブラシ
・ヘアーブラシ
・ボディブラシ
・フェイスブラシ
・髭ブラシ
・帽子ブラシ ect…

とりあえずここではごく一部のご紹介です。

公式HPではたくさん見られるのでぜひっ!

02|かなやの豚毛ブラシ

今回ご紹介するのはかなやの豚毛

でも実は馬毛山羊毛もかなやを使ってます。笑

なんか統一感がほしくて。笑

きっと共感してくれる方は多いはず… !

馬毛と山羊毛のレビューも書いているので、こちらをどうぞ!

▪基本情報

商品情報TKB-111 一般用 手植え 豚毛白
  毛材質  豚毛
硬さハード
全長136mm
54mm
全高さ48mm
毛丈30mm
材質天然木
引き線ナイロン・塗装なし
値段7,590円(税込)
2023年8月時点

価格帯としては手植えブラシの中では高コスパです!

ただ半年ほど前に比べると値上がりしてます…

まあ物価高騰なので仕方ないですね。

靴もブラシも早めに買うのが吉ですね!

しっかりとした毛なのでガシガシ使えます。

あと塗装なしなのは他ブランドとも同じかなと。

結構、塗装なしのブランドが多いです。

▪豚毛ブラシ ディテール

細かいディテールをどうぞ!

案外ネットに乗ってなかったりするのでね。

箱が和紙っぽいのも◎

左から3番目だけ少し白っぽいですね。

でもこれは仕方ないかなと。

豚毛も自然の産物なのでね。

もっとアップで。

若干の色違いはあるものの、これくらいなら気にならないです。

いずれクリーム色に染まっていきますから!

持ち手部分。

天然木で不揃いなのも個人的には◎

僕は色分けするために7本まとめ買いしました。

・ニュートラル
・ブラック
・バーガンディ
・コニャック
・ダークブラウン
・ライトブラウン
・ネイビー

この7色で使い分けしようかなと。

途中で変わるかもですが、どうせならと奮発…!

お高かったですが、良い買い物です。笑

▪良い点

使ってみて思う良い点を3つ。

以前は機械植えブラシを使用していたので、それも加味して。

まず1つ目は小判型で持ちやすいことです。

これは馬毛でも書いたのですが、この形が一番持ちやすい!

角型も持ったことあるのですが、小判型のほうがフィットします。

丸っとした形がいいんですよね、きっと。

そして2つ目は毛足が長いことです。

これが何がいいかって靴の内側をブラッシングするときにいいんです。

くびれ部分に毛足が長いと届きやすいのなんの…!

最後に3つ目は毛足が抜けにくいことです。

機械植えブラシは時々、毛が抜けるんです。

まあ気になるほどではないですが、ない方がいいですよね。

その点、かなやブラシは全く抜けないです。

これはさすが手植えって感じです。

間違いなく、これは手植えブラシに1票です。

▪悪い点

特に悪い点はないです、正直。笑

でも強いていうと持ち手の塗装なしですかね。

指についたクリームでだんだんとクリームの色になっていきます。

これを味と取るか否か。

気にする人は気にするかもですね。

そういう方は持つ前に一旦、クリームを取ってから持ちましょ!

そうすれば全然つかないですから。

って感じで正直、特に悪い点はないです。笑

03|他ブランドとの比較

ここで以前、僕が持っていた機械植えブラシと比較しましょう!

▪商品情報 比較

商品情報  かなやブラシ      ルボウ    
  毛材質  豚毛豚毛
硬さハードハード
全長136mm134mm
54mm48mm
全高さ48mm40mm
毛丈30mm23mm
材質天然木ビーチ
引き線ナイロン・塗装なし
値段7,590円(税込)1,100円(税込)
2023年8月時点

以前、使っていたのがルボウのブラシ。

ルボウの豚毛は結構サイズ感と毛足といい使いやすいんです。

でもやっぱり手植えを使いたいなって。笑

なので手植えを購入しました。

豚毛って長いこと使いますもんね。

なかなか買い替えることってないですから。

最初の自己投資と思って手植えを買うのがいいかなと!

おそらく、僕みたいに途中で手植えが欲しくなるので…笑

▪ディテール 比較

外観の比較もしておきましょう!

なかなかお店で見比べることができないと思うので。

(上)136mm (下)134mm

全長はほぼ同じです。

あとは形の好みで丸型 or 角型ですね。

(左)40mm (右)48mm

高さについては毛足が長いので、自然と高さもでますね。

(左)48mm (右)54mm

巾は6mm違うのですが、丸だからかかなやの方が小さく見えます。

1番の違いは毛足の長さ。

こうして見ると断然長いですね!

これだけで使いやすさが断然アップなんです!

むしろ毛足の長さが欲しいだけに手植えにしたと言っても過言ではないです。

04|まとめ

いかがだったでしょうか~!

僕としては手植えを買っての後悔はないです。

まあそれなりの金額はしますが…笑

機械植えならルボウのブラシを個人的には押しです。

ご自身の財布と相談して検討してみてください!

豚毛は長いこと使うので、買って損はないですよっ!

ではでは今日はこの辺で。

“Good shoes will take you to a nice place”
〜素敵な靴は、あなたを素敵な場所へと連れて行ってくれる〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました