初めての方はまずこちら|そうってどんな人?

経験するって大切だよねって話。やった人しか分からないこと。

日常生活
この記事は約7分で読めます。

こんにちはっ!

最近の息抜きはたまにするスイーツ作りです(笑)

クレームブリュレとメレンゲクッキーを作りました。

その時の写真がこちらっ!!!

多量のクレームブリュレ

なかなかちゃんと作れていますよねっ!

ストーリを見た友人がほしい!と連絡くれたので上げたら絶賛してくれました。

僕の承認欲求は満たされ、大満足です。笑

と、関係ない話が進みすぎないようにして(笑)

今回は『経験したからこそ、先人・プロの凄さが初めて分かる』について書いていきたいと思います。

僕の最近思ったこと、ここ1年半くらいで色々とチャレンジしてきてふと思ったことです。

ではでは内容に参りましょう。

まずは経験って大事

遡ること、2020年のゴールデンウィーク。

お仕事の連休がいつも9連休くらいだったのが、17連休になったのです(笑)

これは大大大大連休になった...と。

コロナの影響なのですが。

「何して過ごそうなあ...」

なんて思っていました。

でもそんなこと言っても仕方がない!と思い、GWのやることリストを書き出しました。

20個くらい。

小さいのから難しいそうなのまで。

やってみたい!と思っていたことも入れてみて。

その時にリストに入っていたことは

  • 燻製する
  • ポップコーン作る
  • 洗車
  • ダルゴナコーヒー作る
  • 魚捌けるようになる
  • チーズケーキ作る
  • DIYでサイドテーブル作る
  • 七輪BBQ
  • 本10冊読む

こんな感じで20個くらい(笑)

「そんなの誰でも出来るじゃねーか!」

なんて思わず、最後まで聞いて下さいっ!

ここから分かるのは

『燻製もやってみたし、魚も捌いてみたし、チーズケーキ作りもしたし、DIYにも挑戦した』

ということです。

自分で振り返っても色々とやってみたなあと(笑)

そして最近、振り返ってみてふと思ったことがあったんです。

『当たり前のことじゃねーか!』

と言わず、当たり前だけどもっと実は深かった的な落ちになれば良いなと思います。

ではでは本題に参りましょう!

やるのが大事って本当に大事。

よく自己啓発本とかでも

「まずは行動するのが大事!行動するのみ!」

的な文面を見る気がします。

2年前くらいまではなんとなく「確かに!」とは思っていました。

なんだか当たり前だよなあって。

でも誰もが当たり前に思っていても案外、行動に移すって難しい。

だってそこには感情、環境、世間体などが入って来るからかなって。

それでも出来るだけ行動にうつしてきたんです僕なりに。

思っているだけじゃ仕方がないので!

GWの連休もだし、去年にはミシンも挑戦してみたし。

時間はあったから『とりあえずやってみる』を実行した。

その結果見えてきたことが面白かったんです僕的に。

たくさんのことを『とりあえずやってみる』をしてみて。

失敗で終わったこともあったし、出来るまで挑戦してみてある程度まで出来るようになったこともあるし。

色々やってみて実感したこと。

それは...

燻製やってから普段売られている燻製のすごさを知った

以外と燻製の香りをつけるって難しいんです。

チーズとかベーコンとか。

燻製に使うスモークチップや燻製方法の種類もたくさんあって。

『魚を捌くようになって板前さんが当たり前にサクッとキレイに捌くのがどれだけすごいか』

魚によっては皮をはぐのが難しかったり、骨の太さが違って取りにくかったり。

身が柔らかくて上手く形を保てなかったり。

命を頂いていることに関してもっと感謝するようにもなれた。

『チーズケーキを作ってみてパティシエの繊細さってすごいって思えた』

クラシルで調べて作るだけですごい時間かかるし、すごい繊細。

見た目の繊細さもそうだけど、スイーツって分量がすんごい繊細。

ちょっと間違えただけなのに思ったように作れないし

ノーマルなモノが出来たから調子乗ってアレンジしてみようと思ってもうまいこといかないし。

どれだけの知識と試行錯誤で作られたんだろうって。

『DIYでテーブル作ってみて家具とかの作り手の凄さを知った』

自分で木材を買ってテーブルや棚とか作って来たんですけど、DIYでさらっと作っている人は本当にすごい。

木材って歪みもあるし、個性もあるし。

ホームセンターやニトリの家具が当たり前にあの値段、あのクオリティ、あの品質。

当たり前にあるけどその当たり前がすごい。

職人ってやべえ...の境地です(笑)

『ミシンでバッグとか作ってみて、裁縫職のすごさを実感』

デニムでバッグを作ったけど、結構な時間かかるし集中力半端ないし。

デニムショップなどで売られているバッグとかって精度高い。
(当たり前かもだけど)

それが当たり前に置かれているのが本当にすごいなって。

ものすごい繊細に、細かに、縫うって難しい。

まとめ

最近読んだ本『GACKTの勝ち方』でこれに似た言葉があったので紹介しておきます。

GACKTさんの師匠がGACKTさんに言った言葉で紹介されてました。

【知・覚・考・動】
「世の中の大半、普通の人の思考がこうだ。これじゃ成功はできない。じゃあ成功する人間の思考パターンが分かるか?」
この単語を入れ替え、4つの単語を再び書いた。
【知・覚・動・考】
「たったこの二つの違いが成功する人とそうでない人を分ける」

つまり
「とも(知)・かく(覚)・うご(動)・こう(考)」
物事を知って覚えたならとにかく動くこと、行動すること。

悩む暇があるならとにかく動いて試行錯誤で突き進めってことですね。

GACKTさんが目から鱗が落ちた瞬間だったそうです。

ここ最近でおすすめの本なのでぜひとも読んでもらいたい本ですね!

コロナになり、色々と出来ることを増やそうと思って1年半。

少しずつ出来ることをやってみてきた。

その結果、出来ることは増えて楽しくなってきた。

それと恩恵として『当たり前に感謝出来るようになった』

当たり前に感謝というか、普段何気なく流れていく日常に目を向けるようになったというか。

キレイに捌かれた魚に感謝して

ケーキの美しさと美味しさに感謝して

家にある家具とかにも凄さを感じて

裁縫職人には尊敬して

日常に溢れたものって当たり前になっているけど、誰かの努力で成り立っていることが多くて。

ちょっとまとまりがないかもしれないですが(笑)

要は!!!!

普段、何気なくある日常もなんとなく『すごいなあ』と思っていても

自分が体験することで本当の意味での凄さが身にしみるってことですっっ!

色々とまとまっていないかもしれないですが...

ここ1年半くらいで色々とやってみて感じたことを書いてみました。

コロナで出来ることは限られてきてなかなか遠出も出来ないけれども、

それでも日常は過ぎていくのでちょっとでも楽しみを見つけたいし

もっと言うと広く浅くでも、出来ること・スキルが増えたら嬉しいですもんね。

たまに友人・知人にDIYを頼まれたりするのも思わぬ恩恵です(笑)

と、そんな感じで最近思ったことを書いてみました。

特に役に立つことでもなかったかもしれないですが...笑

コロナの収束を願って頑張っていきましょう\(^o^)/

ではでは。

“Good shoes will take you to a nice place”
〜素敵な靴は、あなたを素敵な場所へと連れて行ってくれる〜


P.S

第一回おかやま靴磨き選手権ですが、いよいよ今週末に迫ってきました。

詳細はこちら⇩

中四国初になるので、スタッフとして準備中の僕はドキドキです。

なんだかんだ時間が立つのは早すぎる...(泣)

残る一週間、しっかり準備していきたいと思います。

あと第三回岡山革靴サークル!

こちらはまだ空きがあるんです...

気になる方はどしどし連絡を頂きたい...笑

まあでも、定員を埋めることが目的ではなくて『岡山で革靴文化を広めること』が目的なので!

必死こいて定員を埋めることに注力しすぎてもなあって。

でも人に来てもらわないことにはせっかく企画したイベントも無駄になるし、

結局、『岡山で革靴文化を広める』という目的も達成出来なかったりするんですよね。

兎にも角にも、興味ある方はお問い合わせより!

詳しくはこちらの記事より!

それでは今日はこのへんで(^^)

この記事を書いた人
そう

岡山で革靴サークルを実現して、もっと岡山のような地方にも革靴文化を根付かせたい!と駆けずり回っている25歳です。
全国の革靴好きな方とも繋がりたいので、お問い合わせよりお気軽に連絡ください!
革靴関係のお店の方、革靴に興味がある方はぜひともご連絡ください!!

その他趣味:キャンプ、DIY、スノボー、デニム etc

そうをフォローする
日常生活
シェアして読んでくださいねっ!
そうをフォローする
僕と革靴の歩行記

コメント

タイトルとURLをコピーしました